iphoneが故障したらどうするべき【冷静に判断しないと大惨事】

スマホ

修理保証を確認する

電話

今や私たちにとってスマートフォンは無くてはならない存在になっているでしょう。スマートフォンはうタッチパネル式のものが多く普及しています。現在世界中で人気のある機種がiphoneとなっていて修理の際の補償も充実しています。

Read More...

修理が必要な場合

電話

液晶の修理やカメラの修理など大小さまざまなiphoneの修理があります。もちろん、トラブルが起きないことが一番ですが、うっかり落としたりしまって修理が必要になる事もあるのです。

Read More...

サポートを確認する

電話をかける

最近ではほとんどの人がスマートフォンを持っている時代になってきましたが、iphoneはその中でも非常に優れた端末です。iphoneはデザイン性に優れていますが、修理保証などは独自の制度を導入しているので注意しましょう。

Read More...

故障への対応

困る

iphone修理事業者には三種類あることを知る

iphoneの修理事業者には大きく分けて三種類あります。一つ目はiphoneのメーカーであるアップルです。全国8店舗のアップルストア内にあるジーニアスバーでは、故障の程度によって本体丸ごと交換や、部品の交換で対応してくれます。ただし予約が必要です。二つ目はアップル正規サービスプロバイダーです。詳しくはアップルのホームページで確認してもらいたいのですが、全国に拠点のあるカメラ・家電量販店などが名を連ねており、近くにアップルストアがなくてもアップル本体と同じサービスが受けられるので安心・便利です。三つ目はそれ以外の云わば非正規店です。上記二つが正規の部品を使用しての修理なのに対し、非正規店ではサードパーティー製の中でも上質な部品を使用しての修理なので、その分リーズナブルな料金となっている場合が多いです。

どんな場合にどこを選べば良いのか

これら三種類の中でどのiphone修理事業者を選ぶかは、次のことを判断材料とするのが良いでしょう。保証期間内またはAppleCarePlus期間内であるか、事前のバックアップを取っているか、水濡れによる故障か否かです。通常の使用による故障で保証期間内およびAppleCarePlus期間内であれば、アップルストアや正規サービスプロバイダーに持ち込むのが良いでしょう。しかしその場合でも、本体丸ごと交換になるような重い故障の場合は、事前バックアップがないと元に戻す事が出来ません。非正規店では部品交換による修理しか扱ってませんので、逆にその分バックアップが無くてもデータが消去されないことを謳っている事業者が多いです。また水濡れの場合は保証期間内であっても、正規店では保証対象外となり高額な本体交換となりますが、非正規店では水濡れ故障にも修理で対応しているところがあるので、コストメリットは大きいです。ただ注意が必要なのは、iphoneの中でも新機種だと、画面やボタンなど新しい部品のサードパーティー製が出回ってなく、意外と正規店の方が安価な場合があるということです。

Copyright© 2015 iphoneが故障したらどうするべき【冷静に判断しないと大惨事】All Rights Reserved.